越生へ

7月、梅雨の中休み。

暑くなく涼しいくらいだし、雨もあがりかけ。
平日乗れなかったフラストレーションを吐き出すようにバイクへまたがる。

とりま給油して、どこ行こうかな~と目的もなくフラフラ。
信号が無くて他車が居なくてできれば景色の良いところがいいなぁ・・・

ってこれまた秩父向かうパターンのやつや!

というわけで今回はこの↓ルートを使いつつも「白石峠」から「顔振峠」へ行って
無題

ってなルートを通ってみようかな、と。

DSC_1867
そんな考えをお思いついたのはもう上尾の先まで来てからでした。

パナップおいひぃ~♪ 60円~♪


ウシガエル「ンモ”ーーーーwwwンモ”ーーーーーwwwww」



越生梅林のほど近くまでくれば、もう道中もゴキゲンそのもの。
気持よく走れます。

しかし7月なうだよね????


寒くね!?


とか思っていたら小雨が再開。
ライジャケ着てると小雨くらいは全然気にならない。

が、気化熱で結構寒く感じる・・・・・サムゥイ!

そして白石峠

を登って登って、それなりの標高に来たら・・・

DSC_1868
前が見えねェ

サイレントヒルかな?

これで日が暮れたら脱出不可能だよね・・・。
少し高台まで走り続けてみる。  と

DSC_1869
雲海から顔を出す太陽。

スバラシイ

DSC_1870
逆光

眼レフ持ってくりゃ良かったにゃあ(濡らしたくなかった)

DSC_1871
眼レフ(略

DSC_1873
(夕焼けってわけでは)ないです

DSC_1874
無意味に自分のマシンの写真って撮るよね


あ、ちなみにFIのNinja250 2015SEですが、押し掛けできるって知ってました?
それなりの下り坂は必要ですが、

キーをイグニッションONにする

ギアをニュートラルにして、下り坂を下り始める

速度が20km/hくらいになったらギアを1速に入れる。

軽くアクセルを煽りながら、クラッチを繋ぐ

ポンポン!という音とともにエンジンが掛かります。



万が一峠道でバッテリー不具合が起きた時には重宝する手段です。

さて、また続きを走り出します。
ハーフウェット路面なので、かなり慎重な速度ですがね!

霧の粒が光を反射して、木漏れ日がクッキリと肉眼で確認できます。
DSC_1875


DSC_1876
「いつもの」刈場坂峠に到着しました。

さすがにこの天候、二輪車には一台も会わなかったですね~

DSC_1878
帰り道は高山不動尊の方から下り、299から帰りました。



帰り道



DSC_1879

虹!







何かの参考になりましたか?^^

バイク(カワサキ) ブログランキングへ