書類の不備。

IMG_20190315_231048

さて、前回銀行ローンでローン審査が通って、その結果を元に車屋で契約。
その契約書を銀行のサイトからアップロードをしたわけだが、

銀行から「この書類ダメっすよ」という電話が掛かってきた。

というのも、その車屋(コバックの系列)で取り交わした書類には、「注文書」という単語がどこにも書いてなく、約款や契約金額、作業内訳などの記載はあっても、注文書という「書類の題名」がなかったのだ。

いや、そもそもそんな書類あるのか?
ちょっとそのフォーマットはわけがわからない。
とは思いつつも、銀行も金融系の仕事をやる上で、ハンコウとか、書類の題名とか、そういった形式ばったところは大事なのだろう。

仕方なく、再度注文書の取り交わしし直しをすることになった。

中古車屋への不信感。

このコバックのお店と言ったが、どうやらもともとは埼玉県内のスズキのディーラーが親会社になっているらしい。

スズキのディーラーで下取りに流れたクルマが、コバックで整備され、この中古車屋へ流れてくるとのこと。
コバックと中古車屋は系列なので、例えば納車もコバックに取りに行く場合もあるそうだ。


そんな中古車屋。
よくわからん注文書類でやりとりをしてしまったがために、再度訪問をしなければならなくなった。

そのため、まずは目的を言うために電話。

が、つながらず。

電話、電話、電話。。。。。。。何回掛けても、いくらコールしても出てくれない。

曜日としては土曜日。休みなハズが無い。

仕方ないのでこの中古車屋へ直接足を運ぶことに。

その、結果として購入した店舗というのがココ。


訪問してみると、店舗はガランとしていて、誰もいない。不在。

なんだこれ・・・と思って、他に連絡のしようもなかったため、公式ホームページの「お問い合わせ」からメールで連絡を試みることに。

しかし、リアルタイムでメールチェックはできていないのだろう。
そのお問い合わせに対する返答も無かった。

1時間おきくらいに電話を掛けていると、5時間後に電話がつながってくれた。
自分が営業マンだったら怒鳴られているところだろう。そういった背景もよくわかっているから、感情的になってしまってはダメだ。
書類の取り交わしを再度お願いしたい旨を頼み、日時をあわせ、再度訪問することとなった。

日時は後日。この日1日を無駄にしてしまった。
連絡が取れないディーラーなんて聴いたことも無い。
すでに注文書(らしきもの)を取り交わし、50万円の頭金を払ってしまった後だ。

さっそく、後悔をし始めた。


--