ライブハウスの仕組み。

川崎にあるライブハウスと言うとやはり「クラブチッタ川崎」が有名ですが、なかなかトーシロバンドがそんなにでかい箱でライブはできません。。。

では僕らトーシロバンドが気軽にできるライブとは??

方法は2つあります。
1つが「ブッキング」ってヤツですね。
これはライブハウスがタイムスケジュールを策定して、3~5バンドくらいを順番に出演させる。
で、1日のライブハウス使用料金をその3~5バンドに割り勘させる。

すると1バンドあたり3~5万円くらいで出演することができて、
1バンドに3~5人のメンバーが居ると
1人あたり6千~1万円くらいの出費で取り合えず参加ができます。

その後、来てくれたお客さんのチケット代が
良心的なライブハウスだと100%、ケチなライブハウスだと50%程度がバンドにバックされます。

チケットが2千円だったとしたら、1バンドあたり10~18人くらいのお客さんを呼べればトントンといったところです。


2つ目が「イベント」ってヤツ。今回はコチラ。

これはイベンターと呼ばれる幹事さんが、ライブハウスを1日借り切っちゃいます。
日時や場所にも寄りますが15~25万円くらい。

で、まる1日使えるので早めの時間からスタートさせちゃって、30分交代で10バンドくらい出演させちゃう。
そうすると1バンドあたりの出演料が1.5~2.5万円くらいに抑えられる。

1バンドが5人だったとすれば、1人あたり3000円~5000円で出演できて、
1人あたり2~3名のお客さんが呼べればトントンになるって感じですね。とても気軽。

とても久しぶりに川崎セルビアンナイトへ。

IMG_20191116_093758
というわけでイベント当日!

前述のとおり出演バンドが非常に多いわけなので、リハーサルも結構朝早くから始まります。
この日は天気にも恵まれていたのですが、京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅工事の影響でちょっと乗換しつつ川崎駅へ。

まぁ特に苦労も無かったんだけどね。
川崎セルビアンナイトの場所はコチラ


IMG_20191116_094537
あーーー・・・これこれ。
ライブハウスのこのリハやってるこの雰囲気。

スキだったなぁ・・・

と、6年ぶりにライブをやる自分なのでその空気そのものが新鮮。

IMG_20191116_095831
ひとまず、我々がリハーサルやるまでは少し時間があったので、持ってきたツインペダルを組み立てるなどして準備をしておきます。
普段使っているのはデーモンペダル。



リハーサルの順番待ちを客席でしていると、続々とこの日出演予定のバンドさんが集まってきます。
基本的にリハーサルの20分前くらいに到着していればオッケーなので、この辺はアバウトですね。

と、そしたら入ってきたメンツに知った人が。
6年以上前に何度も一緒に演奏してきたかつての音楽仲間と再会、向こうもすぐに僕が僕だと気づく。

どうやらイベンターの人が共通の知り合いだったかなんだかで、偶然同じ日のイベントでの出演となったのでした。
お互いにそのことなんて知らなかったのでびっくり。

IMG_20191116_100329
積もる話もそこそこに、僕らのリハーサルも始まります。

IMG_20191116_101035
この日持ってきたシンバルは小出シンバルのスプラッシュチャイナと、Kジルジャンのハイブリッドチャイナ。
やっぱりでかいチャイナはジルジャンかパイステが一番良いし、スプラッシュはパイステか小出がスキ。

IMG_20191116_102627
さてセッティング。

各バンドさんのドラマーがそれぞれのセットを組むのですが、いったんリハーサルで自分のセットを組むことで、「前後のドラマーさんとどんな感じに変えるとスムースにセッティングできるか」「ミキサー卓へのリクエスト」などを把握しておくことが可能です。

IMG_20191116_102637
サウンドチェックと、1曲目にやる楽曲を1コーラスだけ通して、全体の音を確認。

15分ほどでリハーサルは終了です。

IMG_20191116_110835
1階上にセルビアンナイトの楽屋がありまして、ここに荷物を置いてお昼ご飯へ。

あ、ついでにサウナでも行ってサ活してこよっと♪


そんな感じで思い思いに本番の順番を待ちます。
ずっと楽屋に居ても良いのですが、イベントの日は出演バンドさんが多くみんなが楽屋で休憩すると入りきれません。なので、出演前のバンドさんだけ残してほかの人たちは適度に外出するほうが良いのです。


合間に過ごしたお昼ご飯やサウナの話はまた別途


開演してからは、適当に対バンさんを応援に行きます。
出演バンドだと、対バンさんをいっぱい観て勉強できるのが楽しいですよね。

以前ライブ活動をよくやっていたころは、「この日ライブやるドラマーの中で一番上手くありたい」とずっと思いながらやっていました。
LUNA SEAのSUGIZOが、ギターを練習するうえでまずは身近の中で一番うまくなれ、学校で一番、町で一番、コンテストで一番、メジャーシーンで一番。。。と言っていたインタビューがあって、井の中の蛙を目指すのもまずは必要だよねっていう考えです。


IMG_20191116_164056
というわけで僕らの出番も近づいてきました!
舞台袖へツインペダルなどの荷物を持って楽屋から移動します!

IMG_20191116_182239
汗ふく用のタオルにClariSのツアーグッズを使う人w
緊張が優しく和らぎますねw



というわけで本番!






敢えて低画質で^^;;;;;;;;;;

雰囲気だけ感じ取ってね!






IMG_20191116_195637
というわけで終わった後は誘ってくれたVoと乾杯!


この1杯のために頑張ったなぁ




この日は同僚を初めてライブに呼んでみた。
ライブあるんだ~って言ったらほぼほぼ二つ返事で行くよ~と言ってくれる優しさにはびっくりした^^;

いまツイッタのプロフ画像にしているようなガチV系メイクもネタとしてはアリかなぁなんて思ったんだけど、結局この日はやらなかったんだよね・・・。
あまりにも久しぶりのステージだったけれども、もうちょい慣れたらまたほかの同僚も呼んでみたいかもかも。

そんな、演奏力としては課題を残してしまったけれども、本当に充実した1日を過ごせたのでした。

やっぱり音楽好きなんだなぁオレ・・・・・・

--