長年愛用しているドラム用ツインペダル。

IMG_20190922_112428

さて先日、ノリノリでLiSAさんのADAMASをブッ叩いていた折・・・
バァン!と右足が何かを踏み抜きました。

見てみるとデーモンドライブのドライブ部分と、フットペダルの部分が分離。
これは・・・どこか折れたっぽいなと直感しました(;´・ω・)

IMG_20190922_112602
足元をよく探してみたところ、ボルトが落っこちているのを発見。

が、こんなに短かったっけ・・・?

IMG_20190922_113143
なんと、このボルト自体がボッキリと折れてしまっていました。
そして折れた半分はフットペダルにめり込んだままになっていて救出不可能。。。

まーさんチャンネルとかを見ていると、こういった埋まってしまったボルトを取り出す工具もあるっぽいですが・・・我が家には無いデス。

パーツを検索して発注してみよう。

GoogleでDEMON DRIVEのパーツリストを検索してみると、Pearlが公式で公開をしておりました。
1
このリストを参考に、ボルトが埋まってしまったフットペダルと、折れてしまったボルトとを新規に発注することとしました。

フットペダルは知ってたけど1枚板ではなくて、細かく部品が分かれているんですね・・・

上記のリストでF-2と、E-3-Bが必要となるパーツでした。
Pearlの公式サイトで照らし合わせると、F-2が「DC-722」で、E-3-Bが「SC-357」というパーツであることがわかりました。

早速この型番でAmazonなどを検索してみたのですが有効な販売サイトが見つからないばかりか、やたらと送料を取られるようなECサイトしか見つかりません。

ここは・・・


楽器屋へ!

ひいろさんがお世話になっているドラムの楽器屋さんは、渋谷と秋葉原にあります。
渋谷は再開発で行くのが面倒だったので、秋葉原へ・・・

リボレドラムステーション
場所はこちら


店員さんに上記のことを相談し、パーツリストを一緒に見ながら、Pearlへパーツの取り寄せをしていただけることとなりました。
しかも店頭で受け取る場合は送料無料とのこと。やった♪




IMG_20190922_174302
というわけで早速発注を依頼。

納期がわかったら連絡をしていただけることとなりましたが、

後日来た連絡は「お店に届きました」という結果通知でございました^^;;


IMG_20190922_225110
さて、ちょっと閲覧注意なほどに汚れてしまっていたペダルをメンテしていきます。

IMG_20190922_231451
分解はプラスドライバーと六角レンチのみでホイホイと外していくことが可能です。

ただ六角レンチはクリアランスがあまりないので、コンパクトなレンチでないとうまく回すことができないでしょう。

IMG_20190922_231738
そしてこの5つのグリップがどうやっても外れず、かなり傷だらけにしてしまいました・・・。
要らんやろこの機能。

IMG_20190922_232731
フットボードは5mmほどあって結構な分厚さ。
Pearlのハードウェアは大好きです。ドラムの音質はあまり好みではないけど、シンバルスタンド・ハイハットスタンド・スネアスタンド・スローンと、すべて共通の規格で作られているところが素晴らしいです。

IMG_20190922_232926

IMG_20190922_235916

どうにかこうにか全部をバラすことができ、掃除を一通り終わらせて、あたらしい新しいパーツに取り換えていきます。

IMG_20190925_193532
買ったスクリューと
IMG_20190925_193543
フットボード。

IMG_20190925_194157
六角レンチで取り付け。

IMG_20190925_194511
直った~♪




DEMON DRIVEはとても素直なペダルで、踏み始めから打着まで比較的フラットな踏み味。
同じPearlのチェーン系で言えば、ムラサキに近いです。

ただこのいっぺんのブレも無い正確な力の伝え方ができる仕組みと、自分好みに重さや速さを変えられる点などはなんだかんだLvが高いハードウェアですね。

「コレじゃなきゃだめ」というこだわりが特になければ、ドラムペダルはPearlのデーモンか、同じPearlのエリミネーターのどちらかを選定しておけば間違いはないと思います。
その後のプレイスタイルでカスタマイズが可能ですしね。


以上!

--