京都でお湯をいただく。

IMG_20190811_201856

さて、前回のブログでは京アニへ訪問後京都の某イオンで買い物しました。
給油したあとは近場のスーパー銭湯で湯治です。
また適当にご近所で評価高めのスーパー銭湯を検索。

サウナ・水風呂がある、休憩場所ができたらあって欲しい、キレイなところ・・・(適当

今夜白羽の矢を立てたのはコチラ。
「京都桂温泉 仁左衛門の湯」
場所はコチラ


IMG_20190811_211711
さて今夜のお湯はいかがなものでしょうかね・・・

駐車場が真っ暗&車輪止めが無かったので結構緊張しながらバック駐車で停めました^^;
入浴料は大人が850円。250円プラスでさらにタオルセットも付けられるようです。

IMG_20190811_211717

一応どこにでも入れ墨禁止の張り紙はあるんですね。
なんとも、関西の方は余計にこういう人多いイメージがありますが(偏見

IMG_20190811_220453

ここのお風呂は昨日行った長野のお風呂よりも良かったです。
お風呂の種類が多くて、立ったまま入れるジャグジーはマッサージ効果が高くて良かった。
サウナ内にはTVが設置されていて暇しない。
けど、なぜかこの日はNHKのクラシックコンサートが放映されてて、サウナ内に響き渡るクラシックと汗をかくオッサンとのコントラストがなかなかシュールだった。

水風呂が容赦なく冷たい。16度くらいかな?
それだけでなく滝のような場所もあって、リアル滝行みたいなことができる。「水風呂にアタマから突っ込みたい!」と思っているサウナーには有り難いかも。

ただ、やはり良い温泉だったようで結構混雑もしておりました。
満足度は結構高かったな!

どこで寝るか。

風呂に入って、イオンで買った新しい下着に着替えて・・・スッキリした後は、寝場所を探します。
そろそろ帰りを考慮した道にしておかないとなーと思って、んでもって翌日は名古屋城に行こうかなと思っていたので、少し東に舵をとって、かつある程度山の上にある(暑くない)道の駅にテントを張ろうと考えました。

IMG_20190811_233713
京都からまた滋賀県に入りまして、竜王町というところを経由。
なんてカッコいい町名なんでしょう・・・DQ好きとしてはドキドキしますね。

と、この道に到達するまでの道中で、初めて野ウサギを目にしました!ひいろさんナイトツーリング野生動物ウォッチング史上初でしたw超可愛い♪

埼玉県の山でも居るらしいのですが目にしたことがなくって、まさかの滋賀県で目にすることとなりました。
(カメラが間に合わなかった)

IMG_20190812_002642
さて、今夜のお宿はー?
選定したのは道の駅「奥永源寺渓流の里」。
場所はコチラ


いったん道の駅に入ってお手洗い等を済ませたのですが、ここの道の駅はテント張れそうな場所がすでに陣取られてしまっておりました。
割り込みで後から来た自分が行くわけにもいかないなぁと思って途方に暮れようとしていたところ、臨時駐車場が完全に空いていることを発見!


1
※真っ暗だったのでGoogleストリートビューより写真拝借

お盆時期なので(?)オープンされていたのと、夜中なので誰も居ないっていう好条件。
ただこういった林に隣接した場所は蛇の危険性があったりもするのですが、まぁ大丈夫だろ(適当

IMG_20190812_005325
サッとテントを張る。
このツーリングテント、X型に骨組みを挿入してグイッと立ち上げてカバーを被せるだけっていうテントなのですが、15分あれば十分完成させることが可能。とても簡単です。

ちなみにひいろさんが使っているのはこのテントです(あくなき商魂


このテントの悪いところとしては、付属のバックが結構パンパンで、広げああとのテントをしまうときにギッチギチになってしまうこと。
なので、テント本体と別に、カバーだけを入れる袋を用意しておくとストレスフリーに使えます。

IMG_20190812_005406
よし寝るかー!
と思っていたら結構な雨^^;;;;

バシャバシャといったほどの雨だったのですが、まぁ浸水はしなかったのでそこは良かった。
自宅に居るときなどは、雨の音って逆に落ち着いて睡眠することができたりするのですが、テントでってなるとあまり深い眠りに付くことができなかったですね、まぁ仕方ない。

孤独を愉しむ という意味ではこの上ない孤独感で良いです。
一人旅の醍醐味ですかね(いつもだが

IMG_20190812_080402
さて翌朝。

今回もゴミのひとつでも落ちていないことを確認して撤収。
「痕跡を残さない」がテーマでしたが、昨晩は雨だったのでテントを張っていた場所だけ乾いています^^;
まぁこれは・・・仕方ないッス

今後もさらにテント泊が続くようであれば、濡れたテントはしっかりと乾かしておく必要があります。
濡れたままでクルマにしまって、クルマの絶妙なアタタカサで温められると雑菌が繁殖し、異臭が出てしまうので。

もうあと1日くらいで帰宅する予定だったので、今回に限ってはあまり気にしませんでした。
IMG_20190812_081352
さて、小雨パラついていますが名古屋に向けて出発!!

3日目となりましたが若干独り言が多くなってきましたw

つづく。