おコペン様、下道つらつら日記7。

IMG_20190504_171743

さて、ビーナスライン展望台を満喫した後はビーナスラインを白樺湖の方へ引き返しw
そしてそのまま北上し、目指すは軽井沢。

しょっちゅう行っている愛すべき日本の観光地ですね。

IMG_20190504_181546
長野の山々へ夕日が沈んでいきます。

ちょっくら立ち寄ったセブンイレブンでしたが、近くに止まったNDロードスターを観て、すこしホッコリ。
コペンを買う前は、S660やロドスタともよーくよーく比較していました。

我が家のコペンは、言うなればサードカー。
ファーストカーとして家族及び荷物運搬用の日産・セレナがあり、セカンドカーとして本気の攻めの走りを死と隣り合わせで味わえるNinjaがあり、そしてこのコペンとなります。

走り、内装、全体的なデザインで言えば正直、S660でした。
コーナーリングはダントツで良いし、内装も特別感があってとても良い。
ヒルローンチアシストもとても便利。

けど手作業でオープン化するのはきっとすぐに面倒になるし、そして荷物が全く詰めないので、軽い野宿キット(テント・寝袋・マット)や、ふと温泉入りたくなった時のお風呂キット(石鹸類・タオル類)を常設しておくことができません。


その面ではコペンに軍配が上がります。

そしてNDロードスター。
前述のサードカーというポジションを考えたとき、サードカーに普通車、しかもハイオクガソリンを食べるクルマを買うことはどうしてもハードルが高かったです。
毎月家賃水道光熱費携帯代習い事代とは別に、嫁と子供に30万以上課金しているので、あまり自由に使えるお金も無いんですよね・・・

IMG_20190504_171315
そんなわけで、すべてのバランスを80点以上で叶えてくれたおコペン様には感謝なのです。
・・・独身だったらポルシェ買ってましたね。


そんな愛するおコペン様は長野をほぼほぼ縦断しつつ、夕食をどこで食べようか迷っていました。
こちらの方には観光客用のお店にまぎれて、地元で高い人気を誇るお店がいくばくかあります。
が、なかなか初見で入るハードルが高く、また人気と思われるお店は店外まで行列しているところもあり、なかなかウィンカーを出すタイミングを見いだせないまま、軽井沢駅前のアウトレットパークまで走ってしまいました。

IMG_20190504_202013
日も暮れ、ライトアップされている庭園。

特に欲しい服もこの日は無くって、そのままフードコートへ。

時間が時間だけにだいぶ混み合っていたのですが、ちょい寒いくらいのテラス席が空いていたのでそちらに陣取ることにしました。
IMG_20190504_195737
注文したのはウニと那須牛の丼もの。
IMG_20190504_195739
うまそー
IMG_20190504_195744
ぼっちだけどねw


美味しくいただきました。

そして食べて休憩をした後、またコペンに乗ります。

IMG_20190504_203331
向かった先はコチラ。旧・碓氷峠。

Google Mapsだとコチラになります。


あのドリキン・土屋圭市氏が1週間に10日は走っていたと言われている走り屋の聖地ですね。

確かに、ここの道は「走ってくれ」と言わんばかりの道をしています。
そしてきっと走り屋の数は2019年の今でも多いのでしょうが、民家からだいぶ離れていることや、バイパスの開通によってわざわざこっちを走る人が少なくなったことからか、キャッツアイの設置や凹凸の設置など、走り屋対策がまったくなされていません。

そういった影響もあってか、今でも聖地なんでしょうね。
この日もやっぱりカリカリにチューンされたクルマが多かった。
トヨタの86がすごく多かったかな。みんな楽しんでいました。

途中にある空き地にいったん停車して、エンジン止めて、無音の静寂で休んでいたのですが、
ガサガサという音がたまに聴こえてきました。
たぶんタヌキだと思いますが・・・野生動物多いのかも。

そんな大好きな軽井沢を堪能して、深夜帰宅です・・・。20時間くらい運転してたな^^;