2019年10月から保育園・幼稚園の無償化が閣議決定。

DSC_4949

さて、先日のニュースでもなっておりましたが保育園・幼稚園の無償化が今年の10月から実施されます。

なんとも最近の自民党はダブスタが過ぎていてちょっと閉口してしまっているのですが、外交などでは良い結果を残してきていただけに、昔野党だった時代にはバラマキ政策だと言っていたような政策を、自分たちで実施してどうするのかといった気持ちです。

いま幼稚園・保育園が無償化したとして、それを理由に子供を産むだろうか?

緋色さんの見解としてはそこへは直接繋がらないのでは、と思います。

この政治のアプローチは、「どうやったら少子化対策に繋がるのか」ではなく「どうやったら若手層の票を増やせるのか」からアプローチされた政策だからではないかなと思っています。


 保育園

緋色家では上の子も下の子も一時期保育園に通っていました。
妻がフルタイムで働いていたとき、ですね。
そのころは緋色さんも前職で残業がほとんど無かったので、よくお迎えにも行っていました。

保育園は月5~6万円くらいだった気がします。
0歳時から預けることができる私設の保育園の場合は、9~10万円くらいです。

これが無償化!となれば、確かに嬉しいかもしれません。


 幼稚園

緋色家では上の子も下の子も幼稚園にも通っています。した。
幼稚園の費用は月額4万円弱。バス代も含まれているので、徒歩通園の場合はもう少し安いのかな。

これが無償化!となれば、確かに嬉しいかもしれません。


というわけで保育園+幼稚園 x上の子と下の子。
多分400万円くらいは払っているのがほぼほぼ無償化となれば、確かに嬉しいのかも・・・しれません。


ただ、これらが「じゃあ子供産むか!」「じゃあ結婚するか!」には繋がらないと思うんですよね。


いま政府がやっていることは、結婚しない理由、産まない理由を外枠から埋めようとしているだけ。

結婚しない人、産まない人(産めない人ではない)は、また新たな理由を吐いて結婚しない、産まないだけな気がする。
今はこれだけ多様化が進んで、結婚しなくても幸せな人生は作れるし、SNSも発達して孤独を感じることも無い。子供を産んでも品行方正を極限まで求めるノイジー・マイノリティがクソほど増えたおかげで何事にもミスが許されなくなった。結果として子育てはリスクしか孕まない。

そんな世の中である限り、もっと「結婚して子供産んでという生き方を選ぶ必要は無いが、敢えて選んだ層にもっとオトクな人生を」与えられるようにするのが近道なんじゃないかと思った。


どうせバラマクならば、3人産んだ夫婦には1発で500万支給とか、2人以上子供居る家庭が4人乗り以上のクルマを持つ場合は自動車税が1/10になるよとか、子供の親が支払うお金はそのままで、無償にするハズの予算で保育園・幼稚園側への補助金を預かっている子供の人数分増やしてあげて、保育園・幼稚園がキチンと儲かる仕組みにしてあげるとか、そういうのできないのかなと思う。

2人以下の子供の家庭であれば、まぁ普通に仕事していれば支払えない金額じゃないんだから、支払わせれば良いと思うし、変なところに過保護になるあまり、間違ったばら撒き方をしているような気がする。

そしてその財源は敢えて結婚しない独身の税金を上げればいいじゃん。
いま、ほぼほぼ全国民で年金という名で徴収して全国のお年寄りへ給付している。
これと同じように、子育て金みたいな名で年金の倍額くらいを独身層から毎月徴収して、上記の費用に充てたらいいんじゃないかな。


というわけで、今回の政策はちょっと的はずれなのでは?という、自分勝手な記事なのでした。




ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ