アイドリングストップ機能。

Ninja250ってアイドリングストップ機能ついてるって知ってましたか?


というのはまぁフリなのですが、先日ツーリング中に赤信号で停車していると

 シュルルル・・・・・プツン

とエンジンストップ。
あれ・・・Ninja250ってアイドリングストップ機能付いてたっけ。
などと自分を誤魔化しつつ、原因を考えてみます。

ひとつは、バッテリーの劣化。
バッテリーが劣化していて容量不足などに陥っていると、アイドリングでエンジン停止してしまう場合があります。
バッテリーにより多く電気を流して、発電して充電させようとするのですが、アイドリングで動いているエンジンパワーでは足りてなくて、エンジンストップしてしまう症状。

ただ、セルを回した際のエンジンスタートのパワーとか、とくに電流不足と思われる自覚症状はありませんでした。

となると、もう一つは吸気系。

吸気系が宜しくない場合、エンジン自体が窒息状態になってしまってアイドリングが不安定化するだけでなく、吹け上がりもよろしくなくなります。
ただ、すこーしずつ悪くなってくるので乗ってる本人はなかなか気づかないんですよね。

エアクリのチェックはすぐにできるので、ちょっとやってみました。

Ninja250 エアクリ交換。

IMG_20190113_112109
乗り手から見て右側、アクセルの方のカウルを外します。
上記、銀色の六角ボルトを取り外し。
IMG_20190113_112208
下のカドッコを手前に引っ張ります。
少し浮かせたら、そのままななめ下方向へ。
IMG_20190113_112225
取り外しましたら、このパネルも外します。
プラスドライバーで3本のネジを外します。
20190106_161600100
恐る恐る、エアクリを取り外してみると・・・



20190106_161620088
きったねぇぇぇぇぇえええええ!!!


な、なぜこんなに猫の毛が・・・!!!???
純正のフィルタは普通のスポンジにオイルが染み込ませてあるだけの簡易的なもの。
とはいえ、ゴミの吸着には必要十分な性能はあるようです。

ただ、もともと湿式(オイルを染み込ませるタイプ)のものは空気の出入りがあまりよくありません。
そんななかこれだけ無交換できてしまったことが良くなかったですね。
早速交換します。

IMG_20190113_110940
AmazonでDAYTONAの乾式エアフィルターを購入しました。


Ninja250R用と書いてありますが、Ninja250Rと2017年モデルまでのNinja250は共通なので、このタイプで大丈夫です。
IMG_20190113_111633
早速届きました。5000kmごとにチェックしてくださいですって!奥さん!
すみませんでしたー!

IMG_20190113_112639_BURST002
さて、これ実は大きさがかなりギッチギチです。

なので

IMG_20190113_113329
ベビーローションを側面に塗って、すべりを良くします。

差し込み方向ですが、特に向きが関係あるようには見えませんでした。
一応、差し込み方向だけはわかるようになっているのですが、上下方向もわかりませんし、どっちが表でどっちが裏なのかもわかりませんでした。

まぁロゴが書いてあるほうが表側だろうな、ってことで

IMG_20190113_112731
ズルリ・・・・っと

ローション無かったら全然入らないですよ。ご注意ください。

IMG_20190113_113358
はい、取り付け完了です。

逆の手順でカウルと取り付けて、作業終了。
エアフィルタの交換は、セレナの50倍ラクですね^^;;



その後、近所を少し流してみました。


もうね、吹け上がりが全然違う!
もっと早く交換しておけば良かった~~~


そしてNinja250は走行距離が9950kmとなりました!
10,000kmまで本当にあと少し。

ここまで(1回コケたし1回立ちごけやらかしたけど)無事故無違反でこれたことに感謝です。

もう少し慣れたら、マスツーにも参加してみたいですね~~~






ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ