相対性理論。

※記憶だけを頼りに書いてマス
MVw7E1MC
アインシュタインの相対性理論ってご存知ですかね。

主軸としては「速度には最高値がある」ということと「時間は変動する」っていうところだと記憶しています。

例えば「温度」っていうのは分子の振動なので、分子が静止している状態が一番温度が低くて、それ以上には温度は下がらないじゃないですか。これが絶対零度ってヤツ。

アインシュタインは「速度」にも上限があるよってことを言っていて、これが「光速度不変の原理」と呼ばれる原理です。
光の速さっていうのはもう速度というステータスをカンストしているっていう理論ですね。

例えば80kmで走る軽トラの荷台から、さらに前へ向かって80kmの速度のボールを投げたとすると、まぁ大体160kmくらいの速度でボールは飛んでいくじゃないですか。
ball_nageru_boy

けど光の速さっていうのは速度の上限で、カンストしちゃっているので、80kmで走る軽トラの荷台からさらに前へ光を放ったとしても、光の速度っていうのは「光の速度+80kmの速度にはならない」ってことですね。
逆に、後ろ方向に光を放ったとしても、「光の速度-80km」にはならず、「光の速度のまま」なのです。これが光速度不変の原理ってヤツですね。

攻撃力がカンストしちゃっているので、バイキルトかけても変わらない。ヘナトスかかっても変わらない。そんなイメージです。



yugamu_jikan

時間の話。

質量の話はちょっとここでは置いておきますね・・・

光の速さに近い速度で、さらに光の速度を超えるような速度を出そうと力を加える。
しかし、「最大速度」ってのは光の速度で、光の速度を超えることはできない。

そうするとどうなるか。

「速度」「速さ」って、「時速」で計りますよね。
km/h みたいに、1時間で移動する距離、みたいな。

この「速さ」の部分が上限に至ってしまい、それでもなお速度を上げようとする。
するともう「時間」が変化していくしかないんですよね、辻褄合わせるためには。


光の速度まで行かなくても、新幹線で品川~大阪まで移動しただけでもほんの僅か時間の遅れが生じると言われています。

超ザックリ言うと「速い速度で移動すると時間の流れが遅くなる」というところ。









結局、今日のブログで何が言いたかったのかと言うと・・・・・・・・・・・・・・・









IMG_20181223_121600
納車から2年。Ninja250の時計すっげーーーー遅れてた。


光の速度に近い速度で走りすぎたかな//////




KAWASAKIクオリティ・・・^^;;




ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ