プラチナステージのDoCoMo。

20180609_154646326

先日のららぽーとにて。

ふとSoftbankのお店で詳細な見積もりを作ってもらうこととなった。
というのも、店頭でXPERIAのXZ2を色々といじっていたら言葉巧みに連れ込まれてしまったのだ。

現在緋色さんはDoCoMoがもう15年以上となっていて、ステージとしてはプラチナステージ。
通話はまったくしないのでシンプルプランで、データだけは大容量にしていて20GBの契約。
スマホはXZsの頃の分割がまだ残っている状態で、ケータイ補償をつけている。

そんな感じで毎月のコストとしては8980円。

Softbankで話を聴いてみると、なんと同等プランで毎月が1,000円程度下がるようなのだ。
ビックリした。DoCoMoの割引っていったい・・・


SoftbankとDoCoMoの料金体系の違いとしては・・・
・Softbankは20GBから50GBにアップグレードしても1,000円/月しか違わない。
・Softbankはテザリングが別料金で、500円/月。
・Softbankは(我が家のインターネット回線はNuroなんだが、その)Nuroのオプションを契約すると1,000円割引。オプションが500円掛かるので差し引き500円が割引。

トータルで1,000円くらい下がる。

ってのと


XZsの残債(30,000円くらいまだある)をSoftbank側が持ちますよ!


っていうヒトコト。

うおお、とグラッと来たのだが、こういうキャッシュバック系は過去に騙された経験もあって信じられないというのが真実。
30,000円をテーブルにバンと置いて「これでドコモ解約してきてください」と言うならば即決しても良かったが、キャッシュバックはやはり信用出来ないのだ・・・


というわけで、次回は我がauに行ってみようかな。
いまやスマホの見積もりも自動車並みに複雑化してしまっているので、定期的に色々と見てみるのが吉だ。




ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ