とうとう楽しみにしていたこの日が来た!

4c7c030f473843156f46257a13730965404df7ea1505568278
デビュー当時から聞き続け、ずっとスキだったClariS
なかなかライブに行く機会がなくって生で見ることがなかったのですが、先日とうとうライブを見に行く機会を手に入れまして(たまたまチケット発売の日程を事前に知ることができて)、行ってみよう!という気になってチケットを確保したのでした。

自分でお金出してアイドルのライブに行く、というのは・・・実は人生初です。
※対バンだったりチケットもらったりムスコと共演だったりのアイドルは観たことがありました

結果から言うと超・良いライブだったので帰ってきてそのままレポートにしてしまいます。
豪快にネタバレを含みますし、個人の感想が非常に多く含まれているため、読み進める方はご了承のほどお願い申し上げます!

ちなみに緋色さんがClariSを好きになった経緯は以前ブログに長々と気持ち悪い文章を書きました




一路お台場へ!!

5/2、世間的にカレンダーは黒い日なので、この日は開演時間が普通より少し遅めの19時でした。
定時ダッシュすればギリ間に合うような時間帯でしょうか。

そう言えば緋色さんは今いる会社でも、前いた会社でも、GWは1週間まるっと休みを取れてますね。
そういう意味では幸せなのかも。

さて我が家からお台場まで、電車で行くと45分くらい。
京浜東北で赤羽行って、りんかい線で新木場行きに乗り換えてただ座ってれば良い、と、結構ラクです。
ちなみに足の怪我が無かったらバイクで行ってました。お台場はバイクの駐輪場、タダなので。
IMG_20180502_161807
どんより!
この日は夜から雨という話だったので、まぁ降るだろうなとは思いつつ傘は持ってきませんでした
緋色さんのライブ参戦スタイルは基本手ぶらです。ロッカー使うの面倒だし。

東京テレポート駅から降りて、お台場観覧車の足元にZepp Tokyoがあります。
ちなみに右手の方へ行くと実物大ユニコーンガンダムがあり、そちらにZepp Divercityがあります。
お間違えのないように。

IMG_20180502_163340
着いてみると、意外とグッズ販売の列が少ないですね。
ひとまずグッズを買いに行きましょう。

しかし売り場に行くと、グッズ・・・・なんとほとんど売り切れ!
なんだ、列が少ないわけじゃなくてもう全部売れちゃったってことなのねorz

ひとまずマフラータオルだけ買うことにしました。
IMG_20180502_163657
お、レシートにもロゴが入るんだ♪

しかし、今回のZeppツアーのタオルではなく・・・
IMG_20180502_170959
こないだの舞浜のときのデザインでした。

新しいの売り切れてたんだもん!!

IMG_20180502_164709
そして開演まで、MEGAWEBで時間を潰します。
ゆっくり座っていられる場所もあるしで、ホント便利ですよね。

開場~開演

今回、チケットはあまり良い番号ではなく、1500番台でした。
過去のZeppTokyoの中で一番悪い番号かも??
今までで一番良かった番号は7番でした。(La'cryma Cristiのとき)

呼ばれるまで近くに待機して、入場。

正直、1,000番以上の番号だった場合は、並ばずに近くでグダってる方が良いです・・・楽だし。
入場後、先にドリンクを交換してしまいます。
いつも700番より良い番号だったら先に場所取りをしてしまいますが、それ以下だったらドリンクを先に交換してしまいます。
なんとなくな自分ルール。

場所取りは正直迷ったのですが、足を怪我していることもあったので階段を一段登った少し後方に陣取ることとしました。
怪我のない万全な状態であれば、箱慣れしていないお客さんの間を縫って前へ前へと行っていたのですが。

一段上がると、そこには「女性限定ブース」の張り紙が。
女性客にもちゃんと観てもらうために、一段高い場所の最前の一部に、女性専用ブースが設けられていました。
確かにClariSはアイドルヲタもアニヲタも参戦するバトルロワイヤル的なライブです。
純粋な女性客への配慮ですね。

そして緋色さんはその女性限定ブースの柵に寄り掛かる感じで場所取りをしたのでした。


開演前の注意事項はクララが代読!
鼻をつまんだような眠たい声なのに、会場のボルテージは一気にあがります!w

楽しみになってきました!


2018/5/2 セットリスト

この日のセットリストはこんな感じでした!!
(記憶を頼りにしているので間違いに気づいたら都度修正します)

01コネクト
02ルミナス
03カラフル
04again
05アネモネ
06wake up(remix) ←DJ
07clever
08border
09SHIORI
10ナイショの話
11ホログラム
12blossom
13reunion(remix) ←DJ
14CLICK
15STEP
16冬空花火
17nexus
18PRIMALove
19irony(remix)

アンコール
20ヒトリゴト
MC
21Clear Sky
 
DJと書いてある曲はClariSの2人が舞台袖へ行き、kzさんが一人で楽曲をDJで流すという演出。
その間にお二人は衣装替え。

ライブレポート

20170921-claris

今回はライブのテーマが「best of ClariS」と銘打っているだけあって、シングル曲が中心でした。
いや、緋色さんもソートー聴き込んでいるのでシングルB面の曲以外は全部わかりますけどね!(何に対抗しているのか)

シングル曲中心なので、その殆どがアニソンタイアップになっている曲。
なので、舞台後方のプロジェクションには都度アニメの映像が挿入されることとなりました。
ライブで使うってことはかなり色々な製作委員会との調整が必要だったと思います。
ニセコイ・俺妹・まどマギ・エロマンガ先生などなど、本当に多くのアニメに使われていることを再認識させられることとなります。

1曲目はClariSを名実ともに歌手として認識させたコネクト。
カーテンの向こうに仮面をつけた2人が立ち、ボーカルから曲がスタート。

これは、ClariSが初期の頃に開催したライブを再現しているのだと思いました。
仮面・カーテンの向こうという演出が、顔出しNGアイドルであったころを彷彿とさせます。

そして2曲目はこれまたまどマギのルミナス。
なんと2曲目から、早くも仮面を脱ぎ捨てた!!
緋色さんは素顔のClariSを見るのが初めてでした。
未だメディアでは顔を出すことはしておらず、ライブに来た人だけが見れる素顔なんですよね!

ネットでは「ブスだから顔が出せないんだろ」などと誹謗中傷をする人が耐えなかった・・・
ですが

ふたりとも可愛い!! ←いや、これほんと

セクシー系のクララとカワイイ系のカレンといった感じ。
敢えて例えるなら、安めぐみをシャープにして小顔にした感じのクララと、
最近の神田沙也加をそのまま幼くしたような(昔の神田沙也加というわけではなく)カレン。
b612_tempextra_20180502_233742_9612000045162
※あくまでイメージです
(安めぐみさんの画像を少し加工してみた・・・眠たそうな表情にしたらもっと似ると思う)

2人の見分け方としては
・うさぎのモチーフがクララ、ねこのモチーフがカレン
・背の高いほうがクララ、低いほうがカレン
・縦ロールふわふわロングがクララ、黒髪ロングストレートがカレン

ふたりとも肩甲骨の下あたりまで伸びるロングヘアーが美しくて死ねます
ってかクララさんドストライクでヤバいですね、プライベートで知り合った人だったら真っ先に仲良くなろうと話しかけている系だと思います。

ロングヘアー好きなんですよね・・・その長い髪を乾かす時間であればいつまででも待てます(名言)


さて、コネクト⇒ルミナスと来たら次はカラフルでしょう、ほらね、やっぱり。
この3曲は4thアルバムでリテイク版が収録されています。
カレン加入前のシングルでしたので。

3曲ともClariSを代表する超・名曲なので外せないですね。

が、どうにもクララさんの音程が安定しません。
出だしで緊張が抜けないのでしょうか?最初の3曲、クララさんの方はボロボロでしたね・・・
まぁそういうの含めてライブなんですけど!!

4曲目でagainに戻る、となると4thアルバムをループで聴いていた緋色さんにはなんだかお約束なセトリとなっていました。

そして途中、DJのkzさんが登場。
代わりにClariSのふたりが衣装替えでいったん袖に引っ込みます。

kzさんは記念すべきデビューシングルのironyを作曲された人。
最新シングルのPRIMALoveも手がけています。
既存曲のリミックスをかけて、衣装替えの間を埋めます。

ミツバチっぽい黄色と黒の衣装に着替えたClariSのお二人。
このあたりでようやく2人の緊張が抜けてきたようで、ここから中盤にかけての歌はだいぶ安定していました。
今回のマフラータオルのデザインと合わせた衣装とのこと。

それにしてもこれだけ歌いながら踊って、エナメルっぽい通気性ゼロの衣装を、見せパン履いてパニエ履いてで身につけているとなると、これもう終わるころにはパンツまでびっしょびしょだろうなと妙な心配が巡ってしまいました。

さて、そんな心配をよそにガツガツとシングル曲を中心に進んでいきます。
知らない曲1曲も無くてよかったーなんて思いもありつつ、映像化されている武道館のステージでは(そのときにはまだリリースされてなくて)やってない「ヒトリゴト」「SHIORI」は是非聴いておきたいなぁと思っていました。

そしてSHIORI! これは最初聴いたときには「ん?」と思いましたが聞き続けることによって好きになった曲です。
結構ロックなドラミングしてるんですよね。
生で聴けて良かったぁ~♪

(この辺の曲順があやふやなのですが)ナイショの話は非常にライブで盛り上がりますね!
ClariSで唯一のシャッフルです。
本当にジャンルが幅広くて良い音楽性だと思います。

そしてこの後またkzさんがClariSに代わって登場、ライブは後半戦を迎えていきます。

kzさんのDJタイムが終わると、kzさんと代わってではなく、kzさんに加えてClariSが登場。
ここからは3人でのオンステージとなりました。
白地に黒のバインディングが入った衣装。
これもやっぱりテカテカした生地なので通気性は無さそうですね・・・やはりパンツの(ry


冬空花火・・・だけ、あれ、なんのアルバムに収録されていたっけ??
と思い出せなかった・・・曲は何度も聴いた記憶があるのに。
で、あとで思い出したのはPRIMALoveのカップリングだった・・・

そしてこの辺でクララさんの喉が限界を迎えてしまいました。
いくらアイドル曲とは言え、曲間が殆どないんです。バンドマンだったら驚くくらいに。
X-JAPANなんて1曲の間が30分くらいあくこともあるのに!
歌詞の間違いが無いのが本当にスゴイのですが、裏声がカスレてしまう場面がチラホラ。
けどカレンと一緒に歌うところだと全然イケてます。

この日は出だしが緊張からか調子が出なかったので、頑張って奮闘した結果後半まで持たなかったのかも。
けどそれもまたライブだ!そういうのが見たくて来てるんじゃ!問題ではない!

そしてそのままkzさんと3人でデビューシングルironyをリミックス版で演奏し終えて、公演は終了したのでした。



すぐさま響くアンコールの声。


いやいや、衣装チェンジもあるし、クララの喉は少し休ませたほうが良いし、最低10分は掛かるだろうなぁ・・・と思っていたところ、5分程度で再開!早っ!!

舞台のライトが一斉に着くと、すぐさま始まったのは「ヒトリゴト」
ClariS唯一のSKAです!こんなジャンルにも手を出すアイドル、怖い!!
そしてそれがちゃんとアイドルの曲としてまとまってるのもまた、スゴイ!!
大好きな曲です!

これで今日聴きたかった曲は網羅できました!満足!


そしてこの曲の後に始まったのはこの日唯一のフリートーク


クララ「本日、ZeppTokyoで東京一日目でしたが、どうでしたか?カレンさん」
カレン「・・・・・・・(観客に手を振っている)」
クララ「・・・おーい」

と、なんだか抜けているカレン。

クララ「今回のパンフレットには、シンガポールで撮影したsさしんがいっぱい入っていtt」
カレン「言えてないw」

と、口が回らないクララさん。


いやはや、どうも二人とも抜けているところがあるネ(褒め言葉

そして最後の衣装はツアーTシャツにデニムのスカート、お揃いのリボンでポニテでした。
この日唯一通気性の良さそうな衣装ですね!
さらにこの日の発表として、10/20にファンクラブイベントをやるとのこと!

これは注目ですね。

場所は・・・昭和女子大学人見記念講堂

`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブホッ

3週間前に行ったわ、弊社の創立記念式典で・・・・・・・・・・・・

まさかクララのMCで現実に引き戻されるとはwwww
ま、まぁそれは置いておいて・・・

ラストの曲はClear Sky!
気持ちよく終われる楽曲でした。


終焉のアナウンスはカレンさんから。


近年で最高に楽しめたライブでした。
またお財布とスケジュールに余裕があったら行きたい!!!
いや、絶対行くわ!!!!!




ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ