キッカケはオリックスのキャンペーン。

kv_kanto_51_mt

そろそろ暖かくなってきた関東地方。
これに併せて梅か寒桜か、見に行きたいなー!
けど行くなら楽しいクルマで行ったらもっと楽しいだろうなーーなんて思い、たどりついたのがオリックスレンタカーのスポーツカー体験キャンペーンのサイトでした。

Webからだと予約ができないため、電話で直近の空き状況を聴いてみたところ、なんと3月末日までまったく空いていないとのこと。
意外と人気あったのね、これ。
まぁ価格帯も高くないし、いいキャンペーンだったわけだ…。

で、なんかその熱が入ってしまった緋色さんとしては、なんだか諦めきれずにあるアプリをインストールすることとなりました。

DeNAが運営するカーシェアリング、Anyca。

エニカとは、クルマを使わない時間帯に他の人に貸し出したり、借りたいと考えている人とをマッチングするサービスです。

このマッチングというところがこのアプリのミソでした。そこは後述したいと思います。

Anycaアプリをインストール、各種登録を実施。
免許証なんかもキッチリ入力しなければならないので、結構厳密に本人確認がなされます。
ちなみにこの免許証の承認、なかなかうまく行きませんでした。アプリ画面からカメラを立ち上げると高画質で撮影することができず、失敗するため、別で撮影して保存した画像をアップロードすることでやっとこさ承認されました。



そして自分の自宅住所や、クルマの車種なんかから貸し出されているクルマを検索し、目ぼしいクルマを探し出します。

普通のレンタカーではなかなか貸し出していないポルシェや、ハマーとか、はてはケータハムまで取り揃えている充実っぷり。
そして結構安いです。表示されている金額にプラスして保険料が掛かるとはいえ、レンタカーの会社よりかは安価。

どうやら、維持費などから計算される「儲け」の金額があるらしく、儲けがでてしまうとレンタカー業者として事業者登録が必要になってしまうらしいんですよね。
なので、儲けが出ない金額までしかユーザー側では設定できないとのこと。


さて、緋色さんはまだ始めたばかりなのでレビューなどがありません。なので、初めて利用の人でも貸し出してくれるクルマで、あまり高額ではなくて、受け渡し場所まであまり離れていないクルマを選んでみました。

IMG_20180311_094652

選んだのはコチラのトヨタ ハチロク、後期型。

まず、いきなり予約するのではなく「問い合わせ」という項目から、今週末の土曜日に貸していただけそうかを連絡します。

IMG_20180312_123946
時間帯と、車の受け渡し場所までどうやって行くか、距離はどのくらい乗るのか、帰りはどうするか、などを決めます。

その後もやり取りをして、
土18:00 嫁さんの運転するセレナで現地へ
日18:00 緋色が車を届け、その後赤羽駅まで送ってもらう
ということと、距離は100kmくらいで、超えるかもしれない旨を事前に話しました。

Anyca内にLINEみたいなコミュニケーションツールが機能として搭載されているので、こういったやり取りはスムーズに行えます。



費用としては

シェアの費用 4900円/日
一日保険 1800円/日
事務手数料 100円

がかかり、これとは別に

ガソリン代
指定された走行距離を超えた分の減価償却費

となります。
これはまた帰宅後に掛かったお金としてまとめましょう。


久しぶりのMT車で、しかも比較的設計の新しいクルマ。
これは楽しみです。

当日。

前日、貸主から自宅の住所が送られてきました。
こちらが指定した時間で現地へお伺いし、貸主の方と合流。
ハチロクを前に、既存の傷の確認を致します。
パッと見キレイなクルマなのですが、貸主の方から言われた箇所に微々たる傷があります。
こんな細かいところまでちゃんと説明してくれるのはホントに親切なオーナーさんです。

左後輪のホイールガリ傷はありがちな傷なので特に注意しておきたいと思います。

ナビに緋色のスマホをbluetoothで接続し、受け渡し完了です!


そんなことをしている間に嫁さんはセレナで早々と帰ってしまいました(^_^;)

さて安全運転で帰宅して、明日はドライブに出かけよう!


あ、緋色さんの招待コードは
「Heero1023」
なので、これをインストール時に入れていただくとお互いに割引が受けられます!

ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ