簡単にスキルの売買ができる時代に。

DSC03469

「ピアノやってみたいー」

といった衝撃的な一言を発した下の子。
二つ返事でOKした緋色でしたが、さてどうしようか悩んでいました。

習い事の費用は緋色のお小遣いから支払います。
正直、そろそろこれ以上削減できる枠が無いのでヤマハなど大手のピアノ教室は無理そうです。

自分で教えるにしても仕事忙しすぎてそんな時間も体力も無い・・・うーん、転職を少し後悔する瞬間。

さて、そんな中で最近はインターネットを通じてスキルの売買ができるサイトが出てきました。
この中でもピアノのスキルに特化しているのがオンピーノというサイトです。
http://www.onpino.jp/

ピアノのスキルがあり、空いている時間を使って教えたい!という人と
ピアノを習いたい!けど近所に教室が無い!などといった人とをマッチングしてくれるサイト。


今回はこのサイトでピアノ講師を検索してもらいました。


すると、我が家へ来ていただける方が見つかり、早速我が家で体験レッスンをしていただく流れとなりました。
このオンピーノを選択した理由としては
・自宅へ来ていただける
→講師が自宅まで来てくれます。
 毎週音楽教室まで送迎するのって結構手間なんですよね。
 で、我が家には音楽室があるわけなので、環境はあります。
 なので来てもらっちゃったほうが早いというわけです。

・安い
→自宅の設備を使うので、教室の維持費が掛からないからでしょう、結構安価です。
 ザックリ、1ヶ月 (4回 ×30分 )で7,000円くらいです。


体験レッスンの直前に、アサインされた講師の情報が届く。

さてWEBから体験レッスンの申込みをし、翌日に電話確認が掛かってきます。
そして体験レッスンの数日前に、メールで講師の情報が届きます。

今回講師としてアサインされたのは、近所に住んでいて現役音大生の女子大生でした。 (心のなかでガッツポーズ)

そして体験レッスンの当日、講師の方を迎え入れます。

DSC03655

迎え入れるギターたち
そして
DSC_2776
ドラム


「あの・・・なんですかこの部屋は」


女子大生ドン引き。


素敵な部屋でしょ?


そして体験レッスンを開始。
人見知りの下の子にあわせて、今日は普通に話をしたり、ピアノどうこうよりも音符の読み方から始めたりといった感じでした。


お世話になりました。



-まとめ-


とにかく来てもらうってのがラク!送迎が無いってだけでメリットです。
30分というレッスンは短いように感じるけど、グループの60分と個人の30分だったら個人の方が良いかも。
それでいて入会金は1万円ほどかかるにせよ、毎月の授業料が結構安いというのもメリットかな。
自宅の場所によっては、近隣の講師をアサインすることができず、別途往復交通費が必要になるケースもあるとのこと。その点では我が家は運が良かったのかも。
先生の都合によって、例えば病欠や都合によってレッスンをスキップした際の「振替」を個別に相談することが可能。


と、我が家のニーズにはよくあっていました。


グループの強みとしては発表会が定期的にある、人見知り克服や人前での発表っていうところもあるのですが、オンピーノも定期的に発表会が企画されているとのこと。

気になった点としては、講師の子が音符などの学習用の資料をプリントアウトして持ってくるのだが、この印刷品質が「自宅のプリンタ」って感じなので^^;;
是非とも富士ゼロックスのネットプリントを利用してほしいなと思った次第(笑)

その後、テキストは先生と相談の上でいくつか購入することになりました。

本申込をしたので、しばらくしてその後どうなのかという点をまたレポートしたいと思います。







ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ