とうとうスマホを新しくした。

DSC_5922

販売開始直後から死ぬほど気になっていたのがコチラ。

HUAWEI Mate 10 Pro

もはやiPhoneXに勝利できるAndroid機としては唯一無二のスマホじゃないでしょうか??

スペック表を公式HPから引用しますと・・・
対応OS

Android. 8.0 Oreo / EMUI 8.0

CPU

HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
+ i7 コプロセッサ / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit

ディスプレイ

約6.0インチ HUAWEI FullView Display 
18:9 OLED / 2160x1080ドット / 402ppi / 1670万色 / 色域(NTSC): 112% / コントラスト: 70000:1

メモリ

6GB RAM / 128GB ROM※1

バッテリ

容量4000mAh (一体型) /急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A

測位方式

GPS/AGPS/Glonass/Beidou/QZSS

コネクティビティ

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 準拠 (2.4/5.0GHz)、Bluetooth® 4.2 with BLE (aptX/aptX HD/LDAC 対応)
USB 3.1 Type-C (DisplayPort 1.2 対応) / NFC / Nano SIM x 2

カメラ

メインカメラ(ダブルレンズ):
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
インカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)

通信速度 (受信時/送信時)

下り (受信時) : 最大500Mbps (LTE) / 上り (送信時) : 最大50Mbps (LTE)※2

通信方式

FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE: B34/38/39/40/41(2545-2655MHz)
受信時 2CCA/3CCA 対応
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
GSM: 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数

本体付属品

USB-Cハイレゾイヤホン / USB-C to 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クリアケース
ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / クイックスタートガイド

その他

VIPサービス:ご購入日から90日間以内に発生した画面破損におきましては、1回に限り、無償にて修理いたします。
メーカーによる、「落下、水濡れ対応。安心保証サポート」サービスについては、下記リンクをご覧ください。 http://www.support-huawei.com/product_in_use/product_warranty/safety_guarantee.html

耐水・防塵

IEC規格60529にもとづくIP67等級※3

センサー

加速度 / コンパス / ジャイロ / 環境光 / 近接 / HALL / 指紋認証 / 気圧 / 赤外線リモコン



ポイントとしては

・6インチのでか画面
・Kirin970っていうよくわからんCPU
・6GBっていう会社で使っているパソコンを超えるメモリ
・ライカ製の高級カメラ搭載
・4,000mAhっていうメチャでかいバッテリ

ってところ。
そしてスペックにない良き点としては
耐衝撃カバーとフィルムが同梱、フィルムは最初から貼り付けられている
超速充電のACアダプタ同梱
などといったところ。


DSC_5923
HUAWEI製品の購入はこれで2度め。
前回HUAWEI製品のMATEBOOKを購入した記事がコチラ

Matebookも良い機器でメチャ気に入って使っていた・・・っていうのもあります。
HUAWEIの製品にXPERIA以上の金額を支払うっていうことに抵抗はあまりありませんでした。




XPERIA XZsと比較してどうか?って話。

DSC_0098 1
横に並べてみた。

画面サイズが5.2inch→6inchへとアップ。
けれども横幅はそんなに大きくなってなくて、縦幅が大幅に大きくなっています

スマホ用のWEBサイトって下から広告がニョキっと生えてきますよね。
また、戻るボタンやホームボタンも画面内に配置されていて、
で、URLなどブラウザのUIは画面上部に配置されます。

つまり、スマホの実際の画面で画面表示に使われる範囲って、結構上下のどうでもよい部分に占領されてしまうという問題があるんですよ。

ここがXPERIAからMate10Proへ変更して最もメリットと感じる部分で、横幅がほぼ同じなのに画面の視認性はめちゃくちゃ高くなっていて、一度に認識できる情報量が多くなっています。

また、バッテリの容量もXPERIAの1.5倍になりましたから、そうとうなスペックを誇っても丸一日バッテリの心配をすることがありません。
ここもかなりのメリット。

またカメラの映りの良さもXPERIAからだいぶ進化しました。
IMG_20180116_122520
輪郭を際立たせつつ背景をボカせる。



ただ、乗り換えてからこそXPERIAの良さも際立ちました。

XPERIAはプリインストールアプリが非常に良かった。
アルバム アプリもとても使いやすかったし
ミュージック アプリは自動でタグを拾ってこれて、かつWindowsのフォルダ準拠で自動再生が可能でした。
また日本語入力のアプリはGoogle日本語入力よりも使い勝手が良かった。

XPERIAはハードウェア的な弱点(バッテリや画面設計)をアプリで確実に補填していました。
HUAWEIは優秀なハードウェアと堅実なアプリで、不足分は自分で気に入ったアプリを取り揃える必要があります。

結果として買い替えてよかった!という内容です。
XPERIAはもっと上下の余白を次回作では削ってほしい。無駄。


分割で買いました。

で、実はMVNOで分割で端末保証つきで買いました。

Mate 10 Proは3大キャリアで取扱がありません。
で、一括で電気屋などで買ってしまうと端末保証がつきません。
(HUAWEI独自保証で3ヶ月以内なら画面割れも保証とかあるんですけど)

なのでMVNOで分割支払が可能なところを探して、そこで申し込みました。
使ったのはNifmo。
24回払いが可能で、データのみ3GBプランならば安価な月額費用で購入が可能。
結局DoCoMoのSIMをHUAWEIには挿したのですが、余ったNifmoのSIMは下の子用に分け与えました。

やり方によって、いろいろな買い方ができるようになったので、昨今のMVNO全盛時代を歓迎しています。



その代償。

先日、新しくなったVAIO S11を発注した旨を書きましたが、コレをキャンセルしましたwww






ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ