特に考えもせずに発する言葉は良くない

世間話から家族のはなし等になると、その家族構成や子供の年齢といったことに話題がおよびがちだ。
実際に子供を持っていない人が子持ちに対してよくいってしまう言葉が、「今が一番可愛い時期ですね」といった適当な受け答え。
主に3歳以下くらいの子供がいた場合に聞くことが多い。

緋色もいままでに何度言われただろう?
そしてその度に思うのが、「いや、この先もっともっと可愛くなるよ」という返し。

子育てにはいくつか段階があると思っていて、
産まれたばかり
寝返りができるようになる
ハイハイで動き回る
立ち上がる
簡単な言葉を喋る
スプーンで一人で食べられるようになる
色々喋るようになる
おむつが取れる
幼稚園で社会生活を送り始める
箸で食べられるようになる
歌やダンスを覚えはじめる

などなど、とにかく日を重ねるうちにできることが増えていく。
そして、「なんでも親が世話をしなければならない」ときほど、可愛い時期と言いたくなる傾向があるらしい。

緋色からすると、子育ては年々大変に、だが面白くなってきている。
特に小学3年生の上の子が、自分の考えを持ち、コミュニケーションを取れるようになってきているからだ。
週末なにをするとか、どんなことを考えているとか、家族ではあるが1つのパーソナリティを持っているので、親の思い通りには行かないことが増え、結果として「楽しい」のだ。

まだ緋色も子育てを始めてからせいぜい9年だが、今のところ「日に日に」可愛くなっていると思える。

だから世間話で子供の話が出たとしても、「今が一番可愛い時期ですね」とは間違っても言わない方がいい。

「今」というのが現在進行という意味での「今」ならば同意できるが。

無難な受け答えとしては「これからもっと出来ることが増えて、楽しくなりそうですね」が良いかもしれない。



ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ