ルンバ? いえ、パチモンです。


さて、仕事が忙しくなるに連れて家事をする時間がほぼ皆無となってしまいました。
我が家は2Fは嫁が掃除、1Fは緋色が掃除と分けているのですが、1Fの掃除をするヒマが全く取れなくなってしまいました。

というわけで、以前から興味のあったロボット掃除機の購入を検討。
8割がフローリングなので、水拭きに対応したロボット掃除機が欲しかったわけです。

ロボット掃除機と言えばルンバなのですが、その半額程度で掃除・水拭きに両対応したロボット掃除機があるので、これを買ってみました。

iLIFE V5Sという掃除機。
水拭き対応しているわりに2万円程度で購入可能な安価なモデルです。

どんな感じでしょ?

DSC_5003
届きました。
各種フィルターの付属品などありますが、基本的にはカートリッヂだけセットすればすぐに使えるようになっています。
DSC_5005
海外のモデルですが、電源コネクタは普通の日本規格になっていますね。
DSC_5006
ドックの上に乗せると、「ピピッ」という音で充電が始まります。

使い方

本体側面にある主電源スイッチをON

上部のCLEANボタンを一度押し、青いランプが着いている間にもう一度押すと掃除が始まります。

いわゆる目の見えないコウモリ状態で、壁にぶつかると方向を変え、壁にぶつかると方向を変えとしながら不規則に動き回ります。
しばらく動き続けると少しずつ部屋のカタチを覚えていくのか、壁にぶつかる回数が減っていきます。

吸引力はメチャメチャ強いわけでは無いのですが、同じところを縦横無尽に何往復もすることで、結果的にキレイにしていきます。

そして買ってみて初めて気づいたのが


掃除機  と  水拭き  は排他制御ということ。


つまり、カートリッヂにゴミ入れをセットすると掃除機として機能し、底面に雑巾を取り付けて水をカートリッヂに取り付けると水拭きモードになるということ。
これは買うまで知らんかったわ。


我が家の1Fの間取りはこんな感じ。
無題
で、緋色の部屋はビルドインのカーペット敷きで、その他の部屋はフローリングです。
音楽室の入り口付近にコンセントがあるので、ドックをその位置に設置。

音楽室はケーブルが張り巡らされているので、iLIFEを走らせる前にケーブルをモールに埋める、行ってほしくない箇所にガードを施す(鉄アレイを置いておくとか)などを行う必要があります。




満足度と注意点

DSC_5103
机の下にギターの弦の切れっ端が落ちていたようで、引っかかって止まっていました。


総合的な満足度は・・・


正直高いです。



が、上記のようにとにかく糸状のものや、充電ケーブルなど電源ケーブルはことごとく絡まっていくので、ルンバが通れる道筋を用意するのが重要です。

我が家では音楽室と長男の部屋のドアを開けたままにして水拭きを実施すると、きちんと2つの部屋を掃除したあとに、廊下に置いてあるドックへ帰ってきます。
掃除時間は2時間程度。かなり時間をかけてやるので、出かけている時間などに実施するのが良いと思います。あまりうるさくはないですが、さすがに睡眠中にやるのは耳障りです。


帰宅したときに廊下がキレイで、かつドックにちゃんと戻ってきているのを確認するとしてやった感を感じることができます。
どこかのケーブルに引っかかって止まっているのを目にすると、あー・・・・っていう気分になりますね^^;

どちらにしろかなり優秀だと思います。


掃除する手間は無いですが、iLIFEの底面についた雑巾はこまめに洗って熱殺菌などをしないとどんどん汚れていきます。汚い雑巾で吹くと逆にバイキンを撒き散らすことになりますからね、雑巾をきれいにすることは忘れてはいけないです。






ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ