この夏、全然弾かなかったGuitar。

DSC03655

さて、我が家のギターは何本かあるのですが、先日ラクリマクリスティセッションへ遊びに行った影響でラクリマの曲を弾きたくなってきてしまいました。

そうすると必要となるのが半音下げチューニングを施したギター。

現在緋色家にはTune-O マチックを採用したギターが無いものですから、単純に半音下げチューニングするとブリッヂとのバランスが取れなくなります。

そこで、以前我が家のギターのうち1本を半音下げチューニング専用に変えてしまいました。

普段はトムアンダーソンをメインギターとして使っているのですが
DSC03656
このギターはアメリカのトムアンダーソンへ日本のギタープラネットという御茶ノ水のお店経由でフルオーダーした一本。
中心から外側へ掛けて色合いが変わるギターが多い中、このギターは上半分がボラボラブルー、下半分がディープブルーという色合いをしています。



DSC03657
こっちのポール・リード・スミスのギターが半音下げチューニング用のギターです。

こいつも上半分と下半分で色合いが違うタイプなんですよね。
トムアンダーソンの方はキルテッドメイプルですが、こっちはトラ目のメイプルを使っています。
久しぶりに触るので弦を交換しましょう・・・

DSC_4871
指板がココボロというローズウッド系の木材を使用しており、指板のインレイもターコイズブルーで統一されている美しい一本です。
DSC_4874
エスカッション(ピックアップを取り囲む枠の部分)をメイプル製のエスカッションにカスタマイズしています。

ピックアップはモダンイーグルと同じRPをフロント・リアに装備。
モダンイーグルは22フレットなのですが、このギターは24フレットあるので、プレイアビリティが(一応)高いギターとなっています。

ネック材がメイプルを使用しており、マホガニーやハカランダを使用したPRSのギターよりもMID~HIGHが得意なギターですね。
PRSのギターはワイドシンというネックがあまり好きじゃなくて敬遠していたのですが、レギュラーのネックを握ってみたところ手のひらクルーしてしまい、当時購入へと至りました。

DSC_4873
ワンタッチで弦を取り外しできるこの機構はPRS最大の利点ですね。

DSC_4876
取り替える弦はPaul Read Smithのオリジナル弦です。

これ、お店じゃどこに行っても売ってないんですよねー。
田園調布のボトムアップギターさんや、Amazonなどで購入が可能です。









ストックしておいた弦を開封してみて、衝撃。




















錆びてたorz





新しいの買ってこよ・・・



ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ