送別会をしてもらった。

先日は現職の会社でワタクシの送別会を開いてもらいました。
DSC_4332
この時期、大宮の大型デパートの屋上はどこもビアガーデン化しておりまして、昨年は東口の高島屋屋上で焼肉+ビアパーティーをやったのですが、今年は大宮そごうの屋上ビアガーデンへ。

まさか送別会がビアガーデンとはね!けど畏まった席よりも、こうやってワイワイするのが好きだったりします。
食べ飲み放題で3,500円だったかな、送別会だったのでゴチになりました!

ビックリしたのが時間制限が無いっていうところ。
まぁそごうの閉店時間が居酒屋に比べて早めなので、その時間まで居ていいですよという方針なんだね。
料理も悪くないし、レーベンブロイビールが結構好きなのでとても良かったです。

祖母が旅立った話。

そんな飲み会をやっていた直後くらい、祖母が天国へ旅立ちました。
もう半年以上点滴のみで寝たきり、ほぼ意識の無い状態でした。
どんな夢を見ながら旅立ったのでしょう?
緋色の自慢の祖父母だったので、少しだけ語っても良いでしょうか。

war_senji_schoolgirl
祖母は1919年、大正8年、現在で言う埼玉県の日高市(当時は入間郡高麗村)、8月15日に生まれました。
戸籍上は9人兄妹だったそう。

後の太平洋戦争を最もパワフルな年代で迎えたため、その頃の記憶が後年もハッキリしており、色々と話しをしてくれました。
毎年祖母の誕生日会を開くと、その日は終戦記念日でもあるので、必然的にそういった話となり、当時の思い出を何度も聞いた記憶があります。

祖父はもう12年ほど前に他界しているのですが、祖父は埼玉県霞ヶ関村の生まれ。
霞が関と言うと政治家を思い出すかもしれないですが、川越の方にそういった地名があるのです。
その祖父も戦争に行き、命からがら帰国。
多くいた兄弟のほとんどは戦争で死んでしまったそう。祖父本人も銃撃を受け、太ももに弾痕が残っていました。
終戦後祖父はプロのゴルファーとなり、レッスンプロとして日本の先駆者となりました。
golf_ojisan
祖父は両国にオフィスを構え、当時の横綱千代の富士関を始めとして多くの関取を生徒にしていました。

祖母は、祖父と結婚してから3人の子供を育てて行くのですが、40歳ごろ始めた三味線で才能が開花してしまい、日本武道館の大舞台を経験。
その後多くの弟子を抱えるようになります。
syamisen_woman
緋色のギター好きもここから由来しているのでしょうか・・・

そんな、個人の才能と努力で生き抜いてきた祖父母。
祖母の通夜では親戚総動員で、サマーウォーズを彷彿するほどの大所帯となりました。


あと10日ほど生きていたら誕生日を迎えて白寿だったのですが、惜しかったですね。



祖父母は緋色にとっては偉大すぎる人物でしたが、少しでも見習い、凛とした人生を意識して構築していきたい次第です。



ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ