現職の仕事をちゃんとやりながらの調整・・・。

busy_man
さて、現職の仕事も手を抜く訳にはいきません。
決まる面接、日程調整。

だからと言ってなかなか休みも取れず。

候補日・開始時刻の調整をしていくわけですが、P社の面接場所は新橋。
19時の面接に間に合わせようとすると、定時ダッシュでギリギリです。

ここで1件、プロジェクトを進捗させなければならない案件があり、顧客との打ち合わせを「取引先ベンダーで来社デモ」というカタチで調整してしまいました。
ベンダーが茅場町にあるので、18時に打ち合わせが終われば歩いてでも間に合います。



初の面接会場へ。


さて、茅場町での打ち合わせが終わりました。
築地本願寺~築地市場~朝日新聞本社~とプラプラ歩き、面接会場へ。

中途面接で見られる項目、としてリクルートでもらった書面。
こちらを参考に対策を練ります。

2017 02 09 8 32 Office Lens
これ、なかなか役に立つと思います。

顧客に一人で初めて訪問するような感覚。
適度な緊張感をもとに受付からTELします。

人事部の女性に案内され、簡単に会社説明をしてくれました
この対応が普通なのか? 随分と丁寧な印象。
きっとSNSやらなんやらで拡散が容易になった昨今、いつどの行動を見られていても良いように人事部の人たちは気を使っているんでしょうね。

そして一通りの説明を受けたあと、今回の応募内容について確認が入ります。


今回SE、企画職での応募ですが


えっ

そうだっけ



・・・立て続けに応募していたからか、SEまたはプリセールスだけで応募していたと考えていた。

慌ててスマホから応募した内容を再確認。
いや、これはこれで面白そうだ。


初の面接。

syukatsu_mensetsu_man
受付の方に面接部屋の前まで案内されます。

「では、ノックからお願いします」

なるほ、そんな感じで始まるのね。
うおー緊張してきた!

コンコン
「どうぞ」


そして面接開始。


「まずは経歴から自己PRをご紹介ください」
とのことで、キャリアシートの詳細説明、PRポイントなどの紹介。

「転職の動機となった事由はなんですか?」
キャリアアップなんだけど、その内容を論理的に説明するのは意外と準備が必要。
この日はキチンと答えられたかな。

「SE企画で応募された理由は?」
コレダ。
だいぶ付け焼刃的な応えをしてしまったが・・・新しいサービスを作るということは面白そうではある。

「開発はどのようなものをどれくらいやっていましたか?」







は?




いえ、開発はやってないです




「え?」

え?







   終了





いや、キャリアシートにも開発経験なんて一言も書いてないやんけ~~
なんで書類通したん???






そして翌日、リクルートからメール







題名:選考結果のご連絡






つづく。



ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ