2輪免許を取って1年が経ちました。

先日、ついに2輪免許を取得して1年が経ちました。

車の免許しか取ったことなかった緋色は、バイクの免許に初心者マークというものが無いことや、1年以上経過しないと二人乗りができないことなんかを知りませんでした。

自動二輪車の二人乗りに関する条件

【条件1】

「年齢20歳以上」かつ「大型自動二輪車免許又は普通自動二輪車免許を受けていた期間が通算3年以上」

【条件2】

「大型自動二輪車免許又は普通自動二輪車免許を受けていた期間が通算1年以上」


と2種類があり(ドライブプラザより引用)、1年経過した緋色は「下道だったらタンデムOK」という条件を満たした形となります。

これは自動車免許にも言えるのですが、なぜ「期間」なんでしょうね?

自動車免許もゴールド免許の条件を「5年 無事故無違反の人」という条件となっていて、距離は関係なし。
乗らずに時間経過した人も対象になるわけですね。

ということは二輪の免許を取った後、何らかの理由で全く乗らずに過ごし、1年経ったあとにふと乗ったバイクでそのまま二人乗りができてしまうわけですね。

走行距離や利用頻度などをログ化する仕組みが皆無なので仕方のない話だとは思いますが、決まりとして1年間の「慣れ」を「必要」としているわけですから、思い当たる節がある人は自重することが重要なのかなと思います。


さてさて、そんな状況ですが安全にタンデム走行をするアイテムもいくつか販売されていたりもします。


タンデムベルト。
加速時のGに耐えきれず落下してしまうのを抑えるだけでなく、体重移動もある程度強制的に実施させることによって一体感を出すアイテムですね。



リアキャリア。
トップケースを取り付けることでいい感じに背もたれとして利用することができ、非常に楽な座り方が可能になります。


スポーツツアラーでタンデムっていうのも微妙な話かもしれないですが、たまには風を楽しみに出かけるのも良いかもしれませんね。









ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ