サイタマーで人並みの生活、年収600万必要。




どれだけマスコミ業界が浮世離れしているか?が明るみになるニュースであるとは思います。
とにかく内訳に突っ込みどころが満載で、バカにしているとしか思えない記事。

30代、二人の子供が居てサイタマーに住んでいるごくごくフツーのいち家族だと、どうなのだろうか?
我が家は専業主婦で緋色の年収はまぁ残念な数値ではありますが、生活が余裕か?というと、なかなかそうも行かないです。
現金預金は毎月底をつきますね。
手元にあったら使ってしまうので、学資保険・個人年金・確定拠出年金・定期預金など、手元の現金は手取りの時点で最小限にしているためです。

上記のサンプルでは「クルマなし」「食費毎月10万超え」「家賃が6万以下」と、サイタマーでもまずありえない組み合わせとなっているのが問題と捕らえています。

・家族が住めるほどの広さの家を6万以下で借りようとすると、よほどの田舎か、築年数がヒドイことになっているハズ。
・すると駅や職場からも遠い可能性が高く、車を持っていないという点に無理がある
・それでいて毎日3000円以上の食費?ちょっと掛かり過ぎでは・・・。とはいえ、半額になるかと言われるとそれは無理だ。


「省力化」と「増力化」で金欠を乗り切る。

基本だが、出て行く分は減らし、入る量を増やすのが鉄則。
現在の世の中だと手っ取り早く節約できるのは

・ケータイをMVNO化する
・電気やガスを1社にまとめる
・外食や飲み会に行かない

といったところ。

増力化できる部分は

・給料を増やす
・サイドビジネスで頑張る
・資産運用で頑張る

といったところかな。


緋色はインターネットと株で自分の小遣いの120%を担保しているのですが、
それでもやはり子育てしているとお金はどんどん出ていくいっぽうですよね。


いつもいつも、この状況をどう打破できるのかを考えています。




一応ひいろぐはNinja250に関するブログなので、近日中にバイクの維持費についてもまとめてみようと思います。





ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ