お台場は良い遊び場!

毎年のことなのですがお台場の屋内公園施設「アネビートリムパーク」から無料招待券が届きました。

毎年子供の誕生月に送られてきまして、大人と子供の1時間入場料が無料となるサービスチケットです。
家族で出かけて、緋色と8歳ムスコと3歳ムスメで入場
嫁さんはヴィーナスフォートでお買い物。いつもの構図です。

で、結局8歳ムスコは聞き分けられても3歳ムスメは頑なに帰りたがらないんですよね。
結局1時間延長して延長料金をお支払い。アネビートリムパークの思うがままなわけです。


この日は「こどもモーターショー」と称して、TOYOTAのMEGAWEBで色んなクルマのイベントが走っていました。

公式HPはコチラ
http://www.megaweb.gr.jp/article/kidsmotorshow/

ザックリとできることは

・レトロカーの助手席に乗れる
・ラジコンで遊べる
・プラモを作れる
・ゆるキャラと遊べる

などなど、なんだか大学の文化祭なノリですが、MEGAWEB全体で春休みに入った子供たちにいっぱい遊んでもらって、クルマに興味を持ってもらおうというイベントです。

今回注目したのが
・レトロカーの助手席に乗れる
というイベント。

早速、予約へ向かいます。

予約場所のMEGAWEB1Fへ。
トヨタ車のショウルームになっている場所ですね。

今回乗れるレトロカーは・・・

TOYOTA 2000GT
Ferrari Dino たぶん中期型
ハコスカ
ハチロク(レビン)
Fiat 500
デロリアン

がラインナップ。

子供とどれに乗るか?を思案します。
やはり2000GTやDino、デロリアンは人気で、午前中に予約しようとしても乗れるのは16時半とか、そのくらいになっていました。
逆にハチロクなど「おもしろレンタカーなどで借りられる」クルマは不人気でした^^;


8歳ムスコ「あのハチロクっていうのかっこいいなぁ」
緋色「やめとけ!あんなんどこでだって乗れる!フェラーリか2000GTにしとけ!」


・・・親のほうが必死。

一通り遊んで、時間が来たよ!

東京レジャランやその他のモーターショー関連施設で遊んでいると、意外とあっという間でした。
時間の20分ほど前に、集合場所(予約した場所)に向かいます。

DSC_3780
往年の名車がズラリ!
西日が映えます。カッコイイですね。
BlogPaint
しまった、安い個体でも4,000万円前後で取引されているフェラーリ・ディーノの横にGUの上着とユニクロのジーンズで立ってしまった。
記念撮影を実施。

DSC_3786
ついでに内装を見せてもらいました。
もう40年以上前のクルマですが、デザインはとても良いです。
こういったメカメカしい内装と無骨なハンドル、レトロカーファンが多いのも納得ですね。
DSC_3787
革シートにはヘッドレストがついていません。
また、シートベルトは3点式は3点式なのですが、引っ掛けてから取り付けるタイプのベルトでした。
DSC_3791
子供もこの特異なデザインに興味津津。
DSC_3789
このサイドのラインがとても美しいですね。
BlogPaint
乗車。
オトナは到着場所で待機します。
運転はスタッフさんが行いまして、親が運転できるわけではありません。
そりゃそうですよね・・・ちょっとレブっただけでぶっ壊れるかもしれないですし、クラッチつなぐのだけでも無理そうです。
TCSもABSも無いクルマを、さっきまでミニバン運転していたようなオッサンが運転できるとも思えませんしね。

試乗を終えて

意外にも、この400m程度の直線を利用して80km/hくらいまで一気に加速してくれます。
40年も昔のクルマでは体感速度も一際高かったようで、試乗を終えた8歳ムスコは大興奮。
「レースゲームより速かっった!」とのこと。ゲームは300km出てるんだが・・・

試乗を終えたあとはスタッフさんにもお礼が言えたようで、8歳ムスコの良い子っぷりは親が誰なのか疑問符が浮かぶほどで、いつも関心させられます。


「あのクルマ高いの?」
「家くらいかな」
「へー」


なんだかんだで主催のトヨタ自動車はモノスゴイ会社だなーとお台場に来るたびに実感します。
モーターショー関連の遊びはすべて無料。


親も子供も共に楽しめるイベントなので、春休み中に一度行ってみてはいかがでしょうか。


ブログランキング参加中。
良かったらクリックしていってください。

バイク(カワサキ) ブログランキングへ