メチャ天気良い!出かけよう!・・・の前にメインテナンス。

コレ大事ね。
お盆に交換してから半年経ってしまったオイルをこの度交換。

利用頻度、一度あたりの走行距離を鑑みれば、少し早いくらいの交換なんですが。
DSC_3676
まずは洗車から。
DSC_3677
あの
DSC_3678
どいてもらっていいですか
DSC_3679
睨まれた!

用意したもの

今回はフィルタ交換しないので・・・
まずドレンワッシャ。 前回3つ入りを購入したのでまだ2つ余っていました。



廃油処理用のダンボール。


なぜか小さいサイズより安かった。

いつも通り工具。
DSC_3672






コレ。

DSC_3680
さて、取り敢えずアイドリングさせてエンジンをあっためますよ。
DSC_3681
現状のオイルの色、スタンドに掛けられたままだと見えないのですが
DSC_3682
バイクを水平に直すとこんな感じ。
結構濁っているかな。
DSC_3683
このスキに廃油処理箱をエンジンしたに潜り込ませます。
DSC_3684
ズズズっと
DSC_3685
17mmのソケットレンチ。
エクステンションバーを使うとドレンボルトまで余裕ができ、作業しやすいです。

さて、エンジンを停めて、ドレンボルトを抜きます。
DSC_3686
ビャー
DSC_3687
オイル投入口のネジを少し緩めると、最後までスムーズに排出されます。
DSC_3688
ちょろちょろ、と。
DSC_3689
取り外したドレンボルト。
ワッシャの向きに気をつけて、新しいワッシャに替えます。
DSC_3690
結構キリ無くポタポタと落ちてくるんですよね・・・
サッと拭いて、ドレンボルトをトルクレンチで締めます。

オイルフィルタの締付けトルク:17.5N・m(1.78kgf・m)
ドレンボルトの締付けトルク:19.6N・m(2.00kgf・m)

DSC_3691
さて、前回購入した純正オイルの残りを使い切ってしまうのと


Amazonへのリンク
DSC_3692
足りない分はカストロールのオイルを使用します。



DSC_3693
前回はオイルフィルタも交換したため、2.2L使いました。
なので残量は1.8L程度。
今回はオイルのみ交換で、2L必要になります。
DSC_3694
カストロールを加えて2.0Lに合わせます。

DSC_3695
100均で買った漏斗を使っています。
DSC_3696
バイクを水平に直し、既定値内に収まっているかを確認。

その後エンジンを掛けて、スムーズに吹け上がるエンジンにニヤけたところでオイル交換終了です。


後日談。と言うか、今回のオチ

二度目の作業だったため最初から最後まで写真撮りながらで30分程度で終わりました。
フィルタ交換しなかったため、余計にラクな作業でしたね。

DSC_3697
さて、タイヤのスリップサインまであと数mmとなりました。
本格的に暖かくなる前に、そろそろ初のタイヤ交換ですね。



何かの参考になりましたか?^^

バイク(カワサキ) ブログランキングへ