我が家のV-Drum、購入から丸5年が経ちました

表題の通り、我が家のドラムセットは現在のV-Drumに買い替えしてから丸5年が経ちました。
若干液晶の表示が薄くなってきたかな?という感じはありますが、大きなトラブルはなく、要所要所でボルトの増し締めなどを行ったり掃除をする以外ではノンメンテでここまできています。

DSC_2630
最近では緋色が叩いていると下の子もやりたがる始末。
写真だけみるとスゲー演奏をしているかのように見える(笑)

DSC_2774
ふと掃除しているときに気づきました。
1本、AUX端子がまだ余っていることに・・・

DSC_2773
せっかくなので、シンバルをさらに1枚追加してしまいます。

DSC_2633
緋色のセッティングは右へ右へと追加されていくパターンですが、
新たなシンバルもさらに右側へセッティングしました。

なんとなくV-Drumのセッティングが美しくないのはチャイナシンバルがチャイナシンバルのカタチをしていないからだと思います。
同じセッティングを実際のドラムセットで再現したほうが、黄金比を踏襲しておりステージ映えします。

チャイナシンバルのカタチをしたV-Drum用のパッドって売ってないんかな?????

追加したシンバルの音を考える

DSC_2775
さて、追加したシンバルですが単純にクラッシュシンバルにしてしまうにはもったいないです。

せっかくなので最近流行りのシンバルを2枚重ね合わせたエフェクトシンバルを再現したいと思います。

文書で書くのは難しいですがバシャン!という濁ったチャイナシンバル、最小限のサステインで存在感のある音が目標です。


DSC_2778
 INSTボタンを押してセッティング画面へ入ります。
DSC_2780
 セッティング対象のパッドを一回叩きます。
DSC_2781
 2枚重ね合わせの・・・というセッティングはできないので、既存のセッティングをアレンジして音を再現します。
ベースはチャイナシンバルを選択。
DSC_2782
 大きさは20インチにします。 実際に20インチのチャイナというと、かなり大きめです。
DSC_2783
派手さを演出するためリベットを軽く追加します。
DSC_2784
サステインは-7にセッティングしました。
DSC_2785
マイク位置は内側へ。
DSC_2777
AUX端子用のフィーダーは物理的には1本ですが、ソフトウェア的には内部で分離しています。
DSC_2786
セッティング画面内で音量を個別調整できます。
普通のチャイナシンバルよりもでかい音を出すわけには行かないので、少し絞り目にしておきます。
それでも目立つ音になるんですけどね。

DSC_2633
これで完成です。
やっぱりチャイナシンバルがチャイナシンバルのカタチだったら、このドラムキットももっと見た目良くなるんでしょうけど・・・


実際に演奏してみた動画もアップしていますので、
YouTubeでsophia3654の動画を検索してみてください。 



何かの参考になりましたか?^^

バイク(カワサキ) ブログランキングへ