初のオイル交換

ゴールデンウィーク前に購入したNinja250。走行距離も3,000kmに近づいてきたため・・・

初めて自分でオイル交換してみたよ!
っていう、バイク乗りなら誰もが一度は上げるブログ記事をワタクシも書いてみますっていうね。

用意したもの

DSC_2156
つらつらと。

DSC_2157
オイルフィルターレンチ。




型番がなんか色々とあってわかりにくいんだけど、「デイトナ」っていうメーカーの「36376」という型番のモノ。
これを、17mmのソケットレンチで回すわけだ。

中心部にネジ穴が切ってあって、オイルフィルターがガッチリハマりすぎて取れなくなった場合、ここにボルトをねじ込むことで無理やり取ることができるとのこと。
買うまで、その構造を知らなかったよ。

DSC_2158
ちなみに、このパッケージの裏側に「適合車種」っていう一覧が書いてあるけど、Ninja250は書いてありませんw

DSC_2159
ドレンワッシャ。





まぁこのへんはなんにもこだわりが無いので、適当なものを選定。

DSC_2160
オイルスッター() エコ()
廃油処理用のダンボール。
あけると、中にキッチンペーパーのメガ進化したようなのがビニール袋の中に入って収まってます。







DSC_2161
SK11 3/8ソケットレンチセット。
安価な価格設定の割に精度・強度ともに問題のないレベル。
大抵のことがこのセットだけで済みます。




DSC_2162
初めてだったので奮発の純正オイル!
KAWASAKI R4です。





オイルのランクで言うと、SJよりもSLの方が上、とのこと。
ホンダのそれなりに安価なオイルでもSLランクだったりするのだが、KAWASAKIのこのオイルはそこそこ高いのにSJランクだったりする。
だが、オイルの性能を狙った方向へ傾けると、SLランクに必要ないくつかの要素が満たせなかったりするらしい。普通のオイルメーカーは価格維持のため、ランクを気にするらしいが、KAWASAKIは狙った性能を出すということを優先して、あえてSJモデルでリリースしているとのこと。

ホントかよ!

DSC_2163
ちなみに、ユーザーマニュアルにはブラックコーヒーのシャビシャビ状態になるまでオイル交換しなくても平気だよ!って書かれてます。

ホントかよ!!!!


作業開始!

最初に5分ほどエンジンをかけてオイルを温める。

DSC_2164
まずはソケットレンチに17mmのビットを取り付けます。

DSC_2165
で、車体下部にあるドレンボルトを緩めます。
ちなみに作業はすべてアクセルレバー側から行いますよ!

ドレンボルトの写真撮り忘れた・・・・

DSC_2166
と、そのまえにオイルスッター()を足元へ滑りこませます。 

DSC_2167
いやああああああ(ブシャー)

DSC_2168
止まらないよぉぉぉおお

DSC_2169
あふれちゃうううう

と、実際オイルスッター()では2リットル、結構ギリでしたw
が、一番の失敗は車体下部の熱に寄ってビニールが溶けたってことかな!

DSC_2170
さらにオイルフィルターも外しちゃいます。

エクステンションバー(延長用のアダプタね)にさらにエクステンションバーを取り付けて距離を稼ぐ。
で、ソケットレンチの大きさは17mmのままでっす。

DSC_2171
車体前部から工具を滑りこませます。
あ、一応フィルタの下部に新聞紙を挟んでおきました。

この際、オイルフィルターにオイルフィルターレンチがシッカリとハマっていることを確認すること!!
そうでないと空回りしてしまいます。
自分は木づちで数発打ち込んではめました・・・


で、よっこらせ!と回す

DSC_2172
ウワー!もれてきた!
DSC_2173
ひええ、どうにか外せたYO

DSC_2174
この中にも200ccくらいのオイルが溜まっているわけで・・・
それなりにズッシリと重いです。

DSC_2175
さて、新しいフィルタを取り出します。
DSC_2176
ビニールでカバーされているので外します。
で、Oリングの部分に排出した古いオイルでOKなので、オイルを塗りこんでおきます。

この際、素手で塗らないこと!オイルを直に触るのは有害ですよ!

DSC_2177

さて、元に戻す時は締付けトルクを気にします。

オイルフィルタの締付けトルク:17.5N・m(1.78kgf・m)
ドレンボルトの締付けトルク:19.6N・m(2.00kgf・m)


これ需要ね!!

さて、まずはオイルフィルタを締めよう・・・・トルクは17.5だな・・・
DSC_2177
!?!?!?!?


オレが持ってるトルクレンチ、ミニマムの値が20だ・・・・・・・・・・・・・orz

DSC_2178
まぁいいや、20より少し下(メモリは書いてない)に合わせて適当に締めよう。
手ルクレンチより少しマシだろ

ぐいっ  カキン   おっけ~

意外と弱い力で締め付けるのよねー

DSC_2179
さて、新しいオイルを目盛り付きのボトルに入れて、今回はフィルタも交換したので2.2リットル注ぎ込みます。

DSC_2180
キャップを締めて、作業終了!

バイクが水平になるようにして、オイル窓をチェックします。
どうやら2.2リットル入れたつもりが、少し足りないみたい。
ボトルのフチに取られたりしてたかな・・・

というわけですこ~し継ぎ足し。

DSC_2181
ちなみにここのオイルのシールの部分は、綺麗な布で拭き取ったほうがいいです。

オイル交換終了!!


少し手間だけど自分でやるのは楽しいね!
けど夏場は気をつけよう!マジで熱中症寸前だったぞ♪


何かの参考になりましたか?^^

バイク(カワサキ) ブログランキングへ